千葉市緑区あすみが丘の介護付ホーム あすみが丘グリーンヒルズ

hwhiteはじめに

開設者挨拶

老人ホームにおけるコロナ過対策について

新型コロナウイルス感染症は一年以上経過しても収まる気配はありません。感染防止のため多くの人たちが行動を制限された日々を送っています。
老人ホームの入居者の方々にとってもつらい一年でした。老人ホームのような施設は1人感染者が出るとクラスターになりやすく特に注意が必要です。
施設感染の多くは職員がウイルスを持ち込むことが原因と思われます。当ホームでは職員の私生活についても絶対感染しないよう厳しく指導しています。
ほとんどの施設では行政の指導により外出制限、面会制限などの対策が行われています。その結果ADLの低下や認知機能の悪化などの悪影響が指摘されています。当ホームではコロナ感染が広がっても毎日の散歩のための外出は制限していません。買い物などの外出も職員が付いて感染に十分に配慮しながらできるだけ希望に応えるようにしています。面会はロビーでガラスを挟んでの面会が主ですが、身体状況から部屋から出にくい方は、家族にしっかり感染対策をしていただき部屋での面会もできるようにしました。
特別な治療法のない現在、ワクチン接種は感染防止に大きな期待が持てます。
クラスター発生を防ぐ意味からも老人ホームの入居者、職員を優先的に接種できるよう医師会から行政に働きかけており、実現すると思われます。
新型コロナ感染症を乗り越えて、楽しい老後を一日も早く取り戻せるよう私たちも頑張っています。

令和3年4月

  • 介護付有料老人ホーム あすみが丘グリーンヒルズ 開設者
  • 医療法人社団 豊心会 理事長
  • 医学博士中野 義澄
greeting-ceif